2016上半期 最も過激な濃厚ラブシーンを披露した女優は?

画像がないのが、残念ですが、

コメントを読むだけで、少し興奮してしまいますね。

この中では

やはり寺島しのぶさんのシーンが

気になりますね。

いつも、大胆な演技で楽しましてくれますね。

女優としての覚悟がすごいですね。

油の乗り切った妖艶な演技

見てみたいですね。

どこかで、

動画探してきましょうか。

見つかったら、アップしますね。

「スポンサーリンク」


style="display:inline-block;width:336px;height:280px"
data-ad-client="ca-pub-7122724230461356"
data-ad-slot="2512848562">




年々、過激になる女優たちの体当たりの演技。

アイドルからの脱皮、演技派への転身、大人のオンナの証明。

アピールポイントはさまざまだが、おかげで大胆なラブシーンが大豊作だ。

2016年も上半期が過ぎたところで、

本誌が勝手に「伝説の濡れ場大賞」を決定しちゃいます。

上半期、最も注目を集めたのは元AKB48の前田敦子(24)だ。

『毒島ゆり子のせきらら日記』(TBS系)で複数の男と交わる超肉食女子を演じる前田は、

とても元国民的アイドルとは思えない変貌ぶりである。

 香水をたっぷりと吹きかけたTバックをはき、セクシーなスリップを纏い、

恋人の帰りを待つ前田。

彼が帰宅するや玄関口で抱きしめ、強引に唇を重ね、

そのまま彼を壁に押しつけ、慣れた手つきで服を脱がせる。

 それだけではない。綺麗な夜景が広がる高層ホテルで、年上の恋人に下着を脱がされ、

ガラスに手をついた前田は立ったまま、後ろから攻められると恍惚の表情を浮かべた。

ガラス越しに上半身裸で重なり合う前田の姿はアイドルからの脱皮を感じさせた。


「スポンサーリンク」


style="display:inline-block;width:336px;height:280px"
data-ad-client="ca-pub-7122724230461356"
data-ad-slot="2512848562">





 清純派のイメージが強かった夏帆(24)も映画『ピンクとグレー』でイメチェンを果たした。

派手なメイクで逆ナンパした男に「飲みたいし、イキたいし」と誘惑する夏帆。

戸惑う男の体を壁に押しつけると強引に唇を奪い、

そのまま舌を彼の中にねじ込ませていく。

 ベッドの上ではさらに大胆になり、「M字開脚」で男を挑発した後、

正常位で交わりながら「アアーン」と淫らな声を張り上げた。

推定Fカップと伝えられる“隠れ巨乳”もポロリし、

こちらも一皮剥けた姿を見せつけた。

若手ながら本誌「濡れ場アワード」の常連である二階堂ふみ(21)は、


映画『蜜のあわれ』で老作家を惑わすセクシーな「金魚の化身」を熱演した。

物語は室生犀星の同名著作を原作としたファンタジー。

真っ赤なソファに寝そべった二階堂は、

推定90cmのぷっくりとした「桃尻」を披露した。



 栗山千明(31)は、『不機嫌な果実』(テレビ朝日系)で2人のイケメンと浮気を繰り返す人妻を演じた。


最初のお相手・成宮寛貴との絡みでは、

真っ赤なバラの花びらがちりばめられたベッドに押し倒されると

白いブラジャーから柔らかそうな上乳がこぼれた。

透き通るような肌を愛撫されると、ビクッと小刻みに体を震わせた。

 次の市原隼人とのラブシーンでは、騎乗位の栗山は口を開けたまま、

その快楽を隠すことなく、その長い髪を振り乱す。

月明かりが栗山の真っ白な背中を照らす中、2人は愛し合った。



 同ドラマには、「国民の愛人」と称される橋本マナミ(31)も出演し、


その存在感を見せつけた。圧巻だったのは

、路上の片隅で橋本が「ご褒美よ」と言いながら、

口に含んだ飴玉をキスしながら男に口移しするシーン。

唇から唇へ移動する飴玉がネットリと唾の糸を引き、多くの視聴者を熱狂させた。

 さらに男が橋本の赤いミニスカートをたくしあげると、

黒いガーターベルトをまとった美脚が顕わになり、

興奮度はマックスに。他にも男モノのワイシャツを着たままシャワールームで立ちバックを披露。

シャワーの水が橋本の顔と体に降りかかり、ビショビショに濡れる姿もまた妖艶だ。

橋本の色香も捨てがたいが、

本誌が今回の「濡れ場主演女優賞」に推したいのは、映画『シェル・コレクター』の寺島しのぶ(43)である。

 病に冒された画家を演じる寺島は、

海辺の小屋で服を脱ぎ捨て、一糸まとわぬ姿になり、

椅子に座る初老の学者にまたがる。

「ふぅ……あっ」と吐息を漏らしながら、剥き出しになった乳房を男の眼前に突き出す。

そして恍惚の表情を浮かべ、胸を揺らしながら腰を振り続ける寺島。

彼女はあそこを男の股間に擦りつけるようにねっとりと臀部を動かす。

その生々しさは思わず生唾をゴクリとさせられる。

 「この映画で寺島は3回も脱いでいて、

いずれも40代とは思えない張りのある胸とお尻を惜しげもなく曝していました。

寺島さんの濡れ場への思いは半端じゃなく、

現場では『本当に挿入しているのでは?』

との声も出たほどです」(別の映画関係者)

 寺島は同作の公開初日の舞台挨拶で、こう語った。

 「子供を産んだあとでもこういう役がもらえるんだ、と思った」

 誠に勝手ながら、このコメントを「濡れ場主演女優賞」の「受賞の言葉」とさせて頂きます。

下半期もさらなる女優たちの脱ぎっぷりに期待したい。


 ※週刊ポスト2016年7月1日号より引用