SMAP

    e394a2cd.jpg


    結論からいいますと。

    SMAPをつぶしたのは

    メリー副社長と工藤静香!!!



    「スポンサーリンク」


    style="display:inline-block;width:336px;height:280px"
    data-ad-client="ca-pub-7122724230461356"
    data-ad-slot="2512848562">






    SMAPを潰した
    メリー副社長と工藤静香

    ■キムタク残留を説得 工藤静香は「言いたい真実は限りなくある」

    ■飯島元マネは工藤との結婚に「YOSHIKIの元カノ」と大反対

    ■キムタク夫妻は出産直後の長女をメリー副社長にお披露目

    ■ジュリー副社長vs.飯島元マネ“紅白ニアミス事件”

    ■メリー独白 未公開部分「飯島あんたは社員、ジュリーは私の娘」

    中居 稲垣 草彅 香取がジャニーズを棄てる日



    文春最新号より

    「すごく、ごめんなさい」

    8月22日にハワイから帰国した木村拓哉が、

    成田空港で、SMAP解散を謝罪した。

    今も様々な波紋を呼ぶこの解惨劇には、

    ジャニーズ事務所をめぐる女帝たちの

    不協和音が大きな影をおとしている。

    まず、ことの発端は、昨年1月に

    文春が掲載したメリー喜多川副社長のインタビュー。

    SMAPの元チーフマネージャー飯島三智氏と

    メリー氏の愛娘・藤島ジュリー景子副社長との

    派閥問題について尋ねると

    激怒したメリー氏が飯島氏を呼びつけ

    「対立するならSMAPを連れて出て行ってもらう。」

    と発言した事件でした。



    「スポンサーリンク」


    style="display:inline-block;width:336px;height:280px"
    data-ad-client="ca-pub-7122724230461356"
    data-ad-slot="2512848562">







    一方で、一度は独立に向けて動いていた木村を

    説得したのが、妻の工藤静香。

    2000年に、木村と工藤が入籍した当時

    誰よりも反対していたのが、飯島氏でしたが、

    当時から木村夫妻と飯島氏の間には

    溝が生じていたのかもしれない。

    それを暗示するかのように、香取と草薙も、

    事務所との面談で「僕たちはもう15年前に壊れていた」

    と意味深に話したことを

    文春は先週号で報じていた。


    a4485f4e.jpg



    昨年の紅白歌合戦。

    リハーサル後の会見で寂しそうにSMAPを見守る

    飯島氏の姿があった。

    この時すでに木村が事務所に

    残留することが決まっていたが

    飯島氏の心には一体何が、去来していたのでしょうか?

    SMAP空中分解までの600日という、系譜が

    今週の文春に掲載されています。

    メンバーの結束を著しく毀損した15年前の木村の結婚。

    一方、これを起点に女帝と親密になった妻・工藤。

    そして、この二人と反目した育ての親・飯島マネは

    一族の敵とみなされ、パージされました。

    世間の温度とかけ離れたファン不在の論理で

    彼らは解散に追い込まれました。

    248859d4.jpg

    20160814-00000012-nksports-000-9-view.jpg


     書面内容は以下の通り。

     報道関係者各位

     弊社所属アーティスト「SMAP」今後のグループ活動につきまして

     いつもSMAPをご支援頂き、有難うございます。これまで皆様に大変ご心配をお掛けしておりましたSMAPの今後の活動につきましてメンバーと協議を重ねた結果をご報告させて頂きます。またメンバーの意思を尊重し、書面でのお知らせとなりましたことをお許しください。

     デビューより25年間アーティストとしてグループ活動をして参りましたSMAPは2016年12月31日を持ちまして解散させていただくことになりました。本年1月にSMAPメンバーより事務所に残りグループ活動を存続させたいという意向を受け、事務所一丸となってSMAPをサポートするべく各部署で様々な準備を進め、2月より8月10日までの半年以上の時間をかけて個々のメンバー並びに全員と面談を重ね、例年通りの音楽番組への出演、ファンへの感謝をこめたコンサートの開催、更には冠番組の20周年とCDデビュー25周年を記念したイベントの企画等を提案し、協議を進めて参りました。しかしながら議論を続ける中で「今の5人の状況ではグループ活動をすることは難しい」というメンバー数名からの要望を受け、7月の音楽番組を辞退させて頂いた経緯がございました。8月に入り、待っていて下さる方々の為にも、落ち着いて考える時間を持ち、前向きな状況が整うまでグループ活動を暫く休むことを提案致しましたが、メンバー数名より「休むより解散したい」という希望が出たことを受け、苦渋の選択ではございますが、これまで一生懸命に走り続けた彼らの功績を尊重し、全員一致の意見ではないものの解散したいと考えるメンバーがいる状況でのグループ活動は難しいと判断し、本日の御報告となりました。

     25周年のコンサートやイベントを待ち望み応援してくださっているファンの皆さま、そして彼らを今日まで支えてくださった関係者の皆さまのご期待に応えることが出来ず本当に心苦しく、私共の力不足をお詫び申し上げます。誠に申し訳ございません。

     本年を持ちまして、SMAPは解散させていただくことになりますが5人それぞれの所属が変わることはなく、より一層個人活動につきましては精進して参ります。彼らの活動を、これまで同様温かく見守っていただけましたら幸いです。今後ともご支援とご鞭撻の程、何卒よろしくお願い申し上げます。

     

     株式会社ジャニーズ事務所
    「スポンサーリンク」


    style="display:inline-block;width:336px;height:280px"
    data-ad-client="ca-pub-7122724230461356"
    data-ad-slot="2512848562">





    30f9bd6efdbf496e1063973d1dd1ecd3.png60379127adac5098d2cc28150d960389.png

    60379127adac5098d2cc28150d960389.png

    SMAPが、今年の12月31日をもって解散することが13日深夜、明らかになった。所属事務所がマスコミ各社にファクスで書面を送った。国民的アイドルグループの歴史は、デビュー25周年の節目の年に、幕を閉じることとなった。


     書面は「弊社所属アーティスト『SMAP』今後のグループ活動につきまして」と前書きがされ、「デビューより25年間アーティストとしてグループ活動をして参りましたSMAPは2016年12月31日をもちまして解散させていただくことになりました」と発表した。

    30f9bd6efdbf496e1063973d1dd1ecd3.png
    「スポンサーリンク」


    style="display:inline-block;width:336px;height:280px"
    data-ad-client="ca-pub-7122724230461356"
    data-ad-slot="2512848562">





     日刊スポーツが今年1月に報じて明らかになった分裂騒動はいったん収束し、グループ存続に向けて何度も面談や話し合いを進めてきたが、メンバー間の潜在的な溝は深かった。今月に入り、事務所からは「前向きな状況が整うまでグループ活動をしばらく休む」という休業を提案したが、メンバー数名から「休むより解散したい」という希望が出たという。「全員一致の意見ではないものの解散したいと考えるメンバーがいる状況でのグループ活動は難しいと判断し、本日のご報告となりました」と説明した。

     5人は引き続きジャニーズ事務所に所属し、今後はソロ活動に専念するという


    やはり、キムタクとほかの4人との溝が埋まらなかったということでしょう。


    「休むなら解散したい」と強く希望したのは香取。関係者は「元マネジャーの女性と一緒につくり上げられないSMAPは、もはやSMAPではないという思いに突き動かされたとしか考えられない」と推し量る。温度差はあるものの異論はない草なぎと稲垣吾郎(42)も反対はしなかった。

    一方、木村との対立が顕在化していた中居正広(43)だが、実は「解散は想定していなかった」(関係者)。ニュートラルな立場で今まで通り活動を続けることで「グループ存続の可能性を探っていた」(同)という。その場にいなかった木村とともに“多数決”に押される形で、11日には解散が正式決定した。



    このページのトップヘ